SonotaCo.JP
SonotaCo Network Japan Forum
SonotaCo.JP Forum Index
homeTop Page  FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

4K動画、流星スペクトル関連
ページ移動 前へ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> なんでも談話室 (Etc)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Fri Aug 02, 2019 9:06 pm    記事の件名: 引用付きで返信

shimodaさん、情報ありがとうございます。
残念ながら、会員しか見れないようです。

少し気になっているのですが、奈須さんの画像では、流星は途中で
途切れたり(消光)していませんか。
Naの2次の画像が視野のぎりぎりはしでもう一度光っているので、
私のビデオは大規模なフレーム落ちが生じているのかとも疑っています。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
ts007



登録日: 2004.08.09
記事: 3199
所在地: 埼玉県

記事日時: Sat Sep 14, 2019 11:47 am    記事の件名: 2018年10月から2019年8月までのスペクトル流星の三角グラフ 引用付きで返信

流星会議で発表した後に8月までスペクトルの解析が終わりました。流星会議の資料との比較をしました。真ん中の多くは、やぎ群と7月の水がめ群とペルセウス群です。とりあえず、すぐにグラフができる三角グラフのみ作成しました。おいおい他のグラフも更新する予定です。


201810-201908 all 745個 感度補正後のピークと201810-201903との比較.png
 説明:
2018年10月から2019年3月までと2019年8月までのスペクトル流星の三角グラフの比較
 ファイルサイズ:  35.57 KB
 閲覧数:  457 回

201810-201908 all 745個 感度補正後のピークと201810-201903との比較.png


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sun Oct 13, 2019 10:13 am    記事の件名: スペクトル比較 引用付きで返信

前田です。
DMK33GX290と、α7sで、同じ流星を同じグレーティングで撮れたので、
比較したものを上げておきます。
スペクトルの波長間隔が同じぐらいなるようにサイズをそろえて、コントラストも上げる処理をしています。

流星は-2.9等判定の遅い散在流星。α7sでは、0次は写っていませんでした。
DMK33GX290では、鉄の線がほとんど写っていませんが、波長感度が広いので、赤外部の酸素や窒素の線がよく写っています。



M20191012_190823_JPMZ1_HE_HJ.jpg
 説明:
 ファイルサイズ:  156.33 KB
 閲覧数:  408 回

M20191012_190823_JPMZ1_HE_HJ.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sun Oct 20, 2019 10:10 am    記事の件名: 近況 19年10月 引用付きで返信

前田です。

SONYα7sを別のことに使いたくなったので、このカメラによる4Kスペクトル観測を
10月17日で終わりにしました。
約4年間の集計を最後に載せておきます。今年は、7月のSDAがたくさんとれて(良いスペクトルはあまりないのですが)ほぼ、主要群のスペクトルは全部取り終えました。
とりあえずスペクトル1000個を目標に始めたので、目標は達成しました。大体1年に600個とれることがわかりました。
これからは、データの整理と解析をしていきます。
まだ、2018年分もどんなスペクトルがあるか、よくわかっていません。数だけはUFOAnayzerのおかげてわかるのですが。

スペクトルは2台のGigEカメラで引き続き行っています。(1台はまだ、立ち上げたばかりで、あまりとれていませんが)



HEspe_counts201910.gif
 説明:
 ファイルサイズ:  9.41 KB
 閲覧数:  344 回

HEspe_counts201910.gif


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
藤原康徳



登録日: 2004.08.10
記事: 857
所在地: 大阪市淀川区

記事日時: Mon Oct 21, 2019 11:51 am    記事の件名: 観測お疲れ様でした。 引用付きで返信

藤原康徳です

前田さん、

>SONYα7sを別のことに使いたくなったので、このカメラによる4Kスペクトル観測を
>10月17日で終わりにしました。

長年にわたる継続観測に対して心より敬意を表します。前田さんにはこの道のパイオニアとして多くの成果を上がられ、また私を含め後進へのご指導をいただいたことを感謝しています。
引き続き解析やGigEカメラカメラでの観測・研究も続けられるとのことですので、今後のご活躍も期待しています。

一つの区切りとして何か新しいことに挑戦されるのでしょうね。こちらのほうも期待しています。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Tue Oct 22, 2019 1:34 pm    記事の件名: 引用付きで返信

藤原さんへ
前田です。
挑戦とか、それほど大したことでは無いですが、一旦区切りを付けただけです。
今年は、パソコンを新しくしたので、α7sの2台目を買うお金がありませんでしたし、
時間ももっとありません。

もうテスト観測しているので、近いうちにボードに上げます。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
ts007



登録日: 2004.08.09
記事: 3199
所在地: 埼玉県

記事日時: Thu Oct 31, 2019 2:35 pm    記事の件名: やぎ群と水がめ群とベルセ群とエリダヌス群の三角比です。 引用付きで返信

やぎ群と水がめ群とぺルセ群とエリダヌス群の三角比です。


201907-08 cap 13個 感度補正後のピーク 20190928.png
 説明:
やぎ群
 ファイルサイズ:  14.22 KB
 閲覧数:  241 回

201907-08 cap 13個 感度補正後のピーク 20190928.png



201907-08 sdA 20個 感度補正後のピーク 20190928.png
 説明:
水がめ群
 ファイルサイズ:  13.56 KB
 閲覧数:  241 回

201907-08 sdA 20個 感度補正後のピーク 20190928.png



201907-08 per 86個 感度補正後のピーク 20190928.png
 説明:
ペルセウス群
 ファイルサイズ:  14.38 KB
 閲覧数:  241 回

201907-08 per 86個 感度補正後のピーク 20190928.png



201907-08 Eri 3個 感度補正後のピーク 20190928.png
 説明:
エリダヌス群
 ファイルサイズ:  12.66 KB
 閲覧数:  241 回

201907-08 Eri 3個 感度補正後のピーク 20190928.png


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
三本松HS 三好



登録日: 2007.05.16
記事: 1242
所在地: 東かがわ市

記事日時: Tue Nov 12, 2019 6:15 pm    記事の件名: 分析についてお尋ね 引用付きで返信

香川県立三本松高等学校の三好です。
現在、Edmund optics社の 透過型ブレーズド格子 VIS 300GPM をWAT-100N、CBC8mm F0.8 のレンズ前に付け、カラム状スプライトの分光目的で生徒が観測を始めました。
スプライトより先に流星の分光観測が出来ていますので、それをまず分析しようと考えています。
そこで、2点ほどお尋ねします
○回折光の波長を決定するにはどのようにされていますか?水銀ランプでスペクトルを記録し、画面から距離と波長の関係を求めているのでしょうか?
○波長-光度グラフを描くのはマカリを使用しようと考えています。このトピックではBASSというソフトもあるようですが、どこからかFreeでdownloadできるのでしょうか?

質問ばかりで恐縮ですがお教えください。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Thu Nov 14, 2019 12:39 am    記事の件名: 引用付きで返信

三好さんへ
前田です。

スペクトルの波長同定は、私は、ネオンランプでやったことがあります。
He-Neレーザの632nmでもできます。
水銀ランプが使えるなら、それでも構いません。

BASSのソフトは、
https://britastro.org/downloads/10412
からダウンロードしたように記憶しているのですが、現在はリンクが
切れている?ようです。
最近では、ts007さんが使われていますが、どこから落とされましたか?

答えになって無くてすみません。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
ts007



登録日: 2004.08.09
記事: 3199
所在地: 埼玉県

記事日時: Fri Nov 15, 2019 8:59 pm    記事の件名: BASSのソフトの最新版201811を送ります。 引用付きで返信

三好さん。関口です。BASSのソフトを送りました。お確かめください。

最終編集者 ts007 [ Sat Nov 16, 2019 1:55 pm ], 編集回数 1 回
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
三本松HS 三好



登録日: 2007.05.16
記事: 1242
所在地: 東かがわ市

記事日時: Fri Nov 15, 2019 10:41 pm    記事の件名: Re: BASSのソフトの最新版201811を送ります。 引用付きで返信

前田様、ts007様 ありがとうございます。試行錯誤し頑張ります。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
ts007



登録日: 2004.08.09
記事: 3199
所在地: 埼玉県

記事日時: Wed Dec 04, 2019 11:00 pm    記事の件名: 初FHDのスペクトル 引用付きで返信

やっとFHDで撮影できました。あまり明るくはありませんが。カメラのシステムは、今までと同じです。a7s 50mm F1.4 同時になっています。psU群判定。薄いですが酸素の557が見えます。


20191204_0419spec.jpg
 説明:
20191204_041904 -1.6 psU群判定。左上の輝星は、カペラ。ペルセウス座に出現。
 ファイルサイズ:  121.96 KB
 閲覧数:  43 回

20191204_0419spec.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 1882
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Thu Dec 05, 2019 9:20 pm    記事の件名: 引用付きで返信

ts007さんへ
前田です。FHD化おめでとうございます。

50mmの視野は新鮮です。かなり分散も大きいですね。
Mgがぎりぎり2本に分かれるかと言ったところでしょうか。


面白い光度変化ですね。 FHD化すると、レンズの収差も目だったしまうところが少々問題ですね。
カペラのスペクトルは視野外でしたね。撮っておくと、基準に使えます。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> なんでも談話室 (Etc) All times are GMT + 9 Hours
ページ移動 前へ  1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
Page 9 of 9

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可
このフォーラムで添付ファイルを投稿 できません
このフォーラムでファイルをダウンロード できます


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Copyright ©2004 SonotaCo Network. All Rights Reserved.