SonotaCo.JP
SonotaCo Network Japan Forum
SonotaCo.JP Forum Index
homeTop Page  FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

2019年9月29日2:17:35(JST)の爆発火球

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
上田昌良



登録日: 2005.02.07
記事: 2468
所在地: 大阪府

記事日時: Sat Oct 12, 2019 2:29 pm    記事の件名: 2019年9月29日2:17:35(JST)の爆発火球 引用付きで返信

おうし座南流星群の爆発火球
2019年9月29日2:17:35(JST)出現
_
報告:上田昌良
_
概要
表題のおうし座南流星群(STA)に属する火球が出現した。
この火球は岐阜県瑞浪市上空の69.3kmで爆発、その明るさは、マイナス11.7等だった。光度曲線は徐々に増光し、消滅点近くで爆発を起こした。そして、速度は初速V∞が32.5km/sで大気による減速はみられなかった。
この火球の測光質量は3kgだった。この誤差は大きいが、相当大きな質量の火球だったことは確かだ。
この火球は、うお座δ南流星群(SPI)の輻射点にも近かったが、STAに属する火球と判断した。
_
撮影者
この火球は次の諸氏が撮影した。
岡本貞夫氏(愛知県、M19034)、下田力(長野県、M19038)、
川上浩(長野県、M19039)、上田昌良(大阪府、M19035)。
以上の4カ所で動画が撮影された。しかし、撮影された動画はすべての所で雲があった。その中で岡本氏の所の雲が最も薄かった。分厚い雲を通して火球が写るとその火球の光度が暗く見積もられるので、そのことを注意して光度曲線をみなければならない。
_
謝辞
この火球の撮影者の岡本貞夫氏、下田力氏、川上浩氏から流星データ等を提供していただいた。なお、岡本氏からは位置手動測定と輝度測定のため特別に動画を提供していただいた。ここにすべての撮影者の方々に感謝を申し上げる。

※訂正 瑞穂市は岐阜県でした。訂正しました。



km入り M20190929_021735_Aichi_03_02P.jpg
 説明:
爆発点の高さと明るさが決定できた
 ファイルサイズ:  104.87 KB
 閲覧数:  626 回

km入り M20190929_021735_Aichi_03_02P.jpg



2019 09 29 021735.jpg
 説明:
実経路。位置測定の精度が良く、実経路が精度よく求まった
 ファイルサイズ:  99.39 KB
 閲覧数:  626 回

2019 09 29 021735.jpg



Fig 軌道計算結果 その2.jpg
 説明:
軌道計算結果 その2
 ファイルサイズ:  35.63 KB
 閲覧数:  625 回

Fig 軌道計算結果 その2.jpg



Fig 軌道計算結果 その1.jpg
 説明:
 ファイルサイズ:  68.7 KB
 閲覧数:  164 回

Fig 軌道計算結果 その1.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors) All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可
このフォーラムで添付ファイルを投稿 できません
このフォーラムでファイルをダウンロード できます


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Copyright ©2004 SonotaCo Network. All Rights Reserved.