SonotaCo.JP
SonotaCo Network Japan Forum
SonotaCo.JP Forum Index
homeTop Page  FAQFAQ   検索検索   メンバーリストメンバーリスト   ユーザーグループユーザーグループ   登録する登録する 
 プロフィールプロフィール   プライベートメッセージをチェックするプライベートメッセージをチェックする   ログインログイン 

20080504_040942 高速火球

 
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors)
前のトピックを表示 :: 次のトピックを表示  
投稿者 メッセージ
SonotaCo
Site Admin


登録日: 2004.08.07
記事: 10633
所在地: 139.67E 35.65N

記事日時: Sun May 04, 2008 9:51 pm    記事の件名: 20080504_040942 高速火球 引用付きで返信

20080504_040942 の絶対等級-5.3等の散在高速火球です。
TK1 では 高解像度カメラの視野に入りました。
UA2で 隙間を空けたピークホールドを作ってみましたが、
この火球は爆発時の短い流星痕と光芒の中心位置が大きくずれているようです。
始点、終点を結ぶ直線と光芒とは合っているようにみえますが、痕の位置が随分下です。短痕は必ずしも中心に発生しないということかもしれません。



B20080504_020942GMAP.png
 説明:
 ファイルサイズ:  35.17 KB
 閲覧数:  7950 回

B20080504_020942GMAP.png



B20080504_020942TMAP.png
 説明:
 ファイルサイズ:  21.17 KB
 閲覧数:  7950 回

B20080504_020942TMAP.png



B20080504_020942OMAP.png
 説明:
 ファイルサイズ:  15.25 KB
 閲覧数:  7950 回

B20080504_020942OMAP.png



M20080504_020944_TK1_H2P1.jpg
 説明:
フレーム毎、1フレーム置き、2フレーム置きの3通りのピークホールドです。
 ファイルサイズ:  55.65 KB
 閲覧数:  7950 回

M20080504_020944_TK1_H2P1.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
ts007



登録日: 2004.08.09
記事: 3508
所在地: 埼玉県

記事日時: Sun May 04, 2008 9:58 pm    記事の件名: 埼玉での画像です。 引用付きで返信

出現時刻ですが、私の方がVTRからのキャプチャーなので2秒ほどずれているようですので1.5秒アジャストしてあります。どのくらいかFBIで確認していただけますか。


M20080504_020942_Saitama1_N6P.jpg
 説明:
火球の画像です。
 ファイルサイズ:  30.54 KB
 閲覧数:  7945 回

M20080504_020942_Saitama1_N6P.jpg



M20080504_020944tr.JPG
 説明:
爆発と痕の様子
 ファイルサイズ:  25.01 KB
 閲覧数:  7938 回

M20080504_020944tr.JPG




最終編集者 ts007 [ Sun May 04, 2008 10:30 pm ], 編集回数 2 回
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
SonotaCo
Site Admin


登録日: 2004.08.07
記事: 10633
所在地: 139.67E 35.65N

記事日時: Sun May 04, 2008 10:02 pm    記事の件名: Re: 埼玉での画像です。 引用付きで返信

あ、やっぱり、光芒を突き抜けている部分が中心から少しずれているように見えますね。こんなことが本当にあるんですね。面白いですねー Shocked

ts007 wrote:
出現時刻ですが、私の方が2秒ほどずれているようですので1.5秒アジャストしてあります。どのくらいかFBIで確認していただけますか。

AXMLをメールしておいてください。調べてみます。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
SonotaCo
Site Admin


登録日: 2004.08.07
記事: 10633
所在地: 139.67E 35.65N

記事日時: Mon May 05, 2008 8:52 am    記事の件名: Re: 埼玉での画像です。 引用付きで返信

ts007 wrote:
出現時刻ですが、私の方がVTRからのキャプチャーなので2秒ほどずれているようですので1.5秒アジャストしてあります。どのくらいかFBIで確認していただけますか。

FBIで時刻調整してみました。
以下のように、現状に対してST1の時刻を0.49秒加えるとTK1とほぼ一致します。
TK1_H2 はNTPの10分毎校正です。
TK1はノンインタレースで、全体のデータが少ないので、あまり精度はありません。
±0.05秒程度の精度かと思います。

ちなみに、爆発時に飛び出した光とそれまでの経路は高さにして1km程ずれていました。



Image1.png
 説明:
 ファイルサイズ:  38.71 KB
 閲覧数:  7898 回

Image1.png


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
masuzawa



登録日: 2005.04.09
記事: 3101
所在地: SHIOJIRI

記事日時: Mon May 05, 2008 3:11 pm    記事の件名: Re 20080504_040942 高速火球 引用付きで返信

長野の画像です。


M20080504_020944_Nagano1_m1P.jpg
 説明:
フロントガラスによるゴーストも写りこんでいます。
 ファイルサイズ:  19.16 KB
 閲覧数:  7865 回

M20080504_020944_Nagano1_m1P.jpg



M20080504_020944_Nagano1_m1.wmv
 説明:
動画

ダウンロード
 ファイル名:  M20080504_020944_Nagano1_m1.wmv
 ファイルサイズ:  361.88 KB
 ダウンロード回数:  653 回

トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示  
SonotaCo
Site Admin


登録日: 2004.08.07
記事: 10633
所在地: 139.67E 35.65N

記事日時: Fri May 09, 2008 9:41 am    記事の件名: 流星痕動画 引用付きで返信

komaさんが、満天星で撮影された この流星の微速度撮影による流星痕動画を以下に
掲載して下さっています。
大変興味深いです。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=1733
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2059
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sat May 10, 2008 5:03 pm    記事の件名: 爆発後の光跡 引用付きで返信

宮崎の前田です。
爆発後の軌跡も2点以上で観測されていて、経路が求まっているのですね。
1kmずれているという表現されていましたが、爆発点では一致するのですか。
それとも、平行にずれて一致しないのですか。後者なら、大変不思議な気がします。
それとも、永続痕の影響があるのでしょうか。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
SonotaCo
Site Admin


登録日: 2004.08.07
記事: 10633
所在地: 139.67E 35.65N

記事日時: Sat May 10, 2008 8:54 pm    記事の件名: Re: 爆発後の光跡 引用付きで返信

前田 wrote:
宮崎の前田です。
爆発後の軌跡も2点以上で観測されていて、経路が求まっているのですね。
1kmずれているという表現されていましたが、爆発点では一致するのですか。
それとも、平行にずれて一致しないのですか。後者なら、大変不思議な気がします。
それとも、永続痕の影響があるのでしょうか。

このズレは静止画て見ても判ります。
下図で赤線が短痕および爆発後に継続する光跡を結ぶ線です。
この赤線は光芒の中心線から下にずれているように見えます。
TK1は下にずれているように見えますが、ts007さんの静止画だと爆発後の部分が光芒の中心より僅かに上にずれているように思います。
1km というのは TK1のデータで光芒中心経路を直線とした時の爆発後の瞬時位置のずれズレの大きさです。

始点付近では殆ど一致しているように見えますが、爆発点では一致していません。
これは経路のずれというよりは、光芒の偏りというべきもののような気がします。
痕や爆発後の細い光跡(赤線)が質量中心の経路に相当しているとすると、光芒中心はそれからかなりずれる場合があることになります。
3/2の-8等火球でも同じ原因で、IS2の観測が他とあわず問題になりました。今回は爆発後の細い光芒があるので、より明確になりました。
明るい火球では今後注意すべきかと思っています。



m20080504_020944_tk1_h2.jpg
 説明:
質量中心経路? と光芒のずれ
 ファイルサイズ:  23.54 KB
 閲覧数:  7591 回

m20080504_020944_tk1_h2.jpg


トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
前田



登録日: 2004.09.01
記事: 2059
所在地: Miyazai JAPAN (E131.4, N31.8)

記事日時: Sun May 11, 2008 10:10 pm    記事の件名: 解説どうもです。 引用付きで返信

前田です。
原因は、レンズの収差によって実際の経路中心と、飽和した流星光芒形状の中心が
あっていないということですね。他にも原因があるかも知れませんが。

もし原因が収差だとすると、星の座標を決める時も飽和した明るい星は
かなり計算値と実測値がずれると思いますが、御使用のレンズでそのような傾向が
ありますか。もしそうなら、そのずれを使って補正ができそうな感じもしますが、
とても難しそうですね。

この問題は明るい流星程誤差が大きくなりそうで、やっかいな問題ですね。
トップに戻る
ユーザーのプロフィールを表示   投稿者のウェブサイトに移動
特定期間内の記事を表示:   
新しいトピックを投稿   トピックに返信    SonotaCo.JP Forum Index -> 流星談話室 (Meteors) All times are GMT + 9 Hours
Page 1 of 1

 
移動先:  
新規投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
投票参加: 不可
このフォーラムで添付ファイルを投稿 できません
このフォーラムでファイルをダウンロード できます


Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group
Copyright ©2004 SonotaCo Network. All Rights Reserved.